PICK UP!
【凄】日本製の月経カップ(ローズカップ)が発売されていたので使ってみた!

女性の方は初潮から閉経まで長い間付き合っていかなければならない、生理。

生理って本当に憂鬱だし、ナプキンってゴワゴワして気持ち悪い…

蒸れるし、被れるし最悪…

 

一時期話題になった、月経カップ。

月経カップの使い方ってわからないし、海外製だからちょっと怖い…

なんと!ローズカップという日本製の月経カップが出たんです!

それがローズカップ(ROSE CUP)という商品。

 

今回は、

登録販売者が教えます
月経カップとは?ナプキンやタンポンとの違い
ローズカップの特徴【日本製だということ!】
ローズカップ(月経カップ)の使い方
他の月経カップと値段を比較

これらを詳しく紹介します。

月経カップの購入を検討している方やローズカップが気になる方はぜひご覧ください!

 

\商品について知りたい方はコチラから/


 

スポンサーリンク

そもそも月経カップとは?【第三の生理用品】

はーと

月経カップはその名の通りカップ状になった生理用品です。

きちんと使えば、ナプキンやタンポンよりも便利らしい。

どんな特徴なんだろ、気になるね!

ナプキンやタンポンとの違いは?

ナプキンやタンポンとの違い、メリットデメリットはどんなところでしょう。

見ていきましょう。

 

長時間使用ができる!

最長12時間使うことができます。

かなり大きいですよね。

タンポンでも最長8時間。

12時間付けられるということは、朝から晩までつけっぱなしでも大丈夫ってことですよね。

経血の量によりますが…

 

 

被れない!蒸れない!

これも嬉しいポイントです。

結構ナプキンって痒くなったり、被れたりデリケートゾーンなのでこういった心配事から解放されるのは嬉しいです。

夏場は蒸れたりもするので最悪ですよね。

 

トキシックショック症候群(TSS)になりにくい

タンポンの場合は、長時間つけっぱなしにしていると、TSSを引き起こしてしまう原因になります。

月経カップはそのような病気になりにくいのが特徴。

 

他の生理用品に比べて高価

日本で買うとなると、1個あたり3,000~5,000円前後で購入することができます。

ちょっと高いですよね。

でも、紙ナプキンやタンポンと比べて値段はかなり高いですが、長期的に使用することができます。

 

洗う手間がかからない

布ナプキンと違って洗うのが簡単です。

シリコンでできているので、付着した経血を簡単に洗うことができます。

消毒も簡単にできるそうですね。

 

ニオイが少ない、ほとんどない

経血がカップに溜まるので、ニオイが外に漏れることが少ないです。

 

その他の特徴として、長期で使うことができるのでエコです。環境に優しい。

自分の経血やおりものをチェックできるので、健康状態もわかります。

スポーツや水泳をするときも漏れる心配も少ないのです!

 

 

デメリット

  • ちょっと高い。
  • 衛生面が気になる。
  • 付け方がわからない。

 

やっぱり値段が高め。

それに衛生面も気になります。

長時間使えるので、心配になるかと思いますし、本当に漏れてこないか不安になりますよね。

その点については、下記で解説します!

 

 

\第三の生理用品が凄い!長時間装着OK/

ローズカップは月経カップ唯一の日本製!

月経カップは海外ではいろんなものが発売されています。

Amazonや楽天で購入することができます。

中でも私がおすすめしたいのが、ローズカップ。

 

ローズカップがおすすめなのが、日本製だから!

海外の物ってちょっと不安に感じます。

日本製だから、安心して使えるなーって私は思いました。

 

他に、日本製なので、日本人に合うように海外製より一回り小さい形になっています!

装着しやすいです。

 

逆に、言えば海外製に比べて少し容量が小さめです。

経血量が多い人は、装着に慣れたら海外製がいいのかもしれませんね。

 

とはいえ、さすが日本製!

使ってみて分かったことですが、埃が付きにくい!

シリコン特有のべたべた感がなくて、静電気も起こりにくいので、埃がつきにくいです。

 

また、着脱するときに、経血が漏れないようにカップの上部に羽がついているのも特徴ですね!

 

 

\ついに日本製の月経カップがでた!/

【月経カップ】ローズカップの使い方

月経カップの使い方ってよくわかりませんよね。

簡潔に紹介します!

 

月経カップのつけ方は?

まずは、カップの開き口に空気穴が開いているかチェックしましょう。

使用する前に、煮沸消毒をするとより衛生的に使えますよ!

 

こんな感じで折り曲げて挿入します。

小さくU字型に折りたたみ、膣内に挿入。

おそらく、タンポンを使ったことがある人なら簡単に挿入することができます。

指を話すとカップが開くので、先っぽの細いところ(ステム)をつまんで左右に回転させて、カップが正しく広がっているか確認します。

ステムが膣の外に出ない位置に挿入するのがポイントです。

 

挿入するときの注意点

月経カップは、タンポンより下の位置に装着するようにしましょう。

あまり奥に装着しすぎると、取れなくなってしまう可能性もあります。

カップの下部分を持って、入り口から尾骨に向かって水平に装着するのがポイントです。

大体、人差し指の第一関節が入るくらいの位置がちょうどいい場所ですね!

慣れるまでは、ナプキンと併用することをおすすめします。

二日目や三日目、多い日の夜はちょっと漏れてしまうので、私はナプキンと併用しています。

日中は漏れる心配もなくて快適に過ごせていますよ。

 

 

月経カップの外し方は?

慣れないうちは外すのが難しいです。

手や指を洗い清潔にします。

親指と人差し指をステムに沿わせる感じでカップの底をつまみ、膣とカップの間の空気を抜いて引っ付いているのを外します。

その時に、カップや膣を爪でひっかけて傷つかないように注意!

ゆっくりカップを取り出し、経血をトイレに流します。

においや汚れを取るために、無香料の石鹸で洗った後、再び使用します。

外出先の場合は、無香料のウエットティッシュや清潔な水で洗浄しましょう。

 

慣れたら、簡単に使えますし、そうそう頻繁に取り換えなくても済むので楽です。

とはいえ、慣れるまではどうしても手に汚れがついてしまうし、中身をこぼしてしまうことも…

慣れると楽です。

生理のストレスから解放されます。

 

\第三の生理用品が凄い!長時間装着OK/

 

 

月経カップ:ローズカップ気になる衛生面は?

ただ洗っただけだと、少し衛生面が気になりますよね。

経血が付くので、少し抵抗があるかもしれません。

ローズカップは専用のプラスティックのケースがあります。

また、始めて使用する方用に、使い捨てのビニール手袋5枚が同梱されています。

練習用で使ってみたり、外出先で手袋して取り合ずした後、手袋をひっくり返して収納ケースに保管すると手を汚さずに取り外しができるのでありがたいですね!

 

お手入れ方法

においや汚れを防ぐために、水やぬるま湯で洗います。

この時に空気穴が詰まっていないか確認するようにしましょう。

刺激が少ない無香料の石鹸で洗うようにします。

 

洗った後は、空気乾燥してから専用のケースに入れましょう!

 

煮沸消毒ができる!

ローズカップは煮沸消毒することができます。

鍋で煮沸消毒する場合は、沸騰させたお湯に弱火で10分間煮沸させます。

シリコンカップなので、なべ底にカップが付かないようにお玉等を使ってカップを浮かせるのがポイントです。

 

レンジで煮沸消毒する場合は、耐熱容器にカップを入れ、

カップ全体が水につかる位の量を入れ、5分ほど加熱します。

 

どちらの方法もですが、火傷に注意してくださいね!

 

\整理期間をもっと自由に!バラ色に!/

 

【高額?】ローズカップのお値段は?比較してみた

ローズカップはいくらなのでしょうか。

有名どころの月経カップと値段を比較してみました。

 

実は、日本製なのもあってか、少し値段が高めです。

ローズカップ 6,050円(税込)
メルーナ 3,980円(税込)
エヴァカップ 5,060円(税込)
スクーンカップ 4,980円(税込)

海外製の月経カップは容量は多いですが、容量が多い分サイズが大きめです。

初心者の方はローズカップが使いやすいでしょう。

着脱時の漏れ防止に羽がついているので、経血をこぼすリスクが少ないです。

 

 

 

日本製の月経カップが凄い!:まとめ

使ってみて、思ったのですが慣れたら楽です。

12時間連続使用ができて、装着もしやすい。

 

ただ、海外製に比べて容量が小さめなので、初心者でも装着しやすい反面、

経血量が多い方だと、漏れてくる心配もあるので、注意が必要です。

タンポンで大丈夫だった方なら問題ないと思います。

 

月経カップって色々でてますが、まずは使いやすいローズカップから試してみてはいかがでしょうか。

 

 

\最大12時間使用可能!生理中も楽しもう!/

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
スポンサーリンク